トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサードリンク

管理人:カエル

ガジェカエル スマホを愛し、携帯乞食を始めたしがないリーマン。乞食暦3年。ガジェット全般が好き。名前の由来は次々と新しいガジェットに変えるのと蛙をもじったもの。写真の蛙は長谷寺で500円。

カテゴリ

amazonスマホランキング

1位
2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位

カテゴリ:先週のニュース(日曜更新)のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 月300円で違約金不要の新プラン、高止まりするパケット料金、格安SIMサービスの利用率は11.5%

    ■auも「2年縛り」月300円で違約金不要の新プラン、6月導入。ソフトバンクに続き基本使用料を300円高くすることで、25ヶ月目以降の更新がなくなるというプランをソフトバンクに引き続きauも発表した。ところで今の24ヶ月以内の違約金が9,500円なので、24ヶ月×300円は7,200円なので2300円しか変わらない。25ヶ月目以降に解約を検討しているならば、それは月々サポートがなくなるタイミングを見計らっている人なので、こんなプランに...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ドコモシェアパック5開始、ZenFone圧倒的攻勢、Widows10スマホの「Continuum」他

    ■ドコモ、「2年縛り」無料解約月を2か月間に延長。2月に契約満了なら3〜4月に無料解約可能総務省の乗り換え促進施策。今までは違約金がかからずに乗り換えることができた期間が、契約から25ヶ月目のみだった。そこに26ヶ月目も追加することで改善する計画だ。しかしながら問題は更新されることであって、更新月が1ヶ月だろうと2ヶ月だろうと、更新されるという事実が変わらない限り、キャリアの囲い込み体質に変わりはない。意識し...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 総務省が携帯販売店への奨励金を制限したいワケ(2/2)

    ←前のページ携帯販売店への奨励金を制限へ 総務省が料金引き下げ案(1/2)今回は現在の携帯料金の妥当性について。■日本はモバイル先進国そもそも今の携帯料金は高いのか。俺は高いと思う。しかし多くの人はどうだろう。俺は最近多くの人は今の日本の携帯料金に納得しているのではないかと思う。世界的に見てもこれだけ高性能な端末を、これだけの整備された環境で、これだけの値段で使える国は他にはない。日本はもっともモバイ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 総務省が携帯販売店への奨励金を制限したいワケ(1/2)

    最近話題のニュース携帯販売店への奨励金を制限へ 総務省が料金引き下げ案について(キャリアだとわかりにくいので、今回は全てドコモを基準に記述してます。)■お門違いな施策総務省がトンチンカンをしているので記事にしたい。販売奨励金を引き下げることで携帯料金の引き下げを誘発させることが狙いらしい。■販売奨励金とはそもそも販売奨励金とは何か。これはドコモ本体がショップに対して支給しているお金のことを指す。ショ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 安部首相の鶴の一声。総務省で携帯料金について議論がスタート

    最近話題のニュース「安倍首相の鶴の一声」はどうなる? 総務省で議論スタート(ケータイWatch)■総務省の役割携帯電話業界は常に新しい動きがあっておもしろい。総務省が携帯電話料金の引き下げを検討する議論を始めたらしい。まだ議論の段階なので、今後どうなるかということはまったく見えない。しかしSIMロックの解除義務化や、MVNOの促進など、総務省は、歩みは遅いものの確実な成果を出してるから、この議論は将来的には必...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



Twitter

スポンサードリンク

amazon Bluetoothスピーカーランキング

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

おすすめ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。