トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

管理人:カエル

ガジェカエル スマホを愛し、携帯乞食を始めたしがないリーマン。乞食暦3年。ガジェット全般が好き。名前の由来は次々と新しいガジェットに変えるのと蛙をもじったもの。写真の蛙は長谷寺で500円。

カテゴリ

amazonスマホランキング

1位
2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

格安スマホと格安シムの注意点

■格安スマホの向かう先は衰退

最近爆発的に数が増えてきた格安スマホ。その甘美な響きにだまされてはいけない。格安スマホというのはそこそこの予算でそこそこのモノを作る手抜き端末でしかない。スマートフォンとは本来、宇宙と並ぶ人類の夢のはずだ。あんなに小さな画面にオーバースペックな高解像度やスペックを搭載し、現在地もわかればフルセグテレビの予約録画までできてしまう。その一台でどれだけ完結させることができるか。それは人類の挑戦でもあり、産み落とされるスマホは、まさに人類の英知の結晶だ。それを体現し続けていたのが日本のスマートフォン市場だった。


■キャリアの後押し

高性能端末への挑戦を支え続けたのがキャリアの2年契約だ。一般ユーザーがキャリアへ支払う月額利用料の平均金額は8,000円とも言われている。これは2年間で192,000円にもなる。端末メーカーはここから10万円もの端末代を回収を保障され、高額な端末の開発ができた。しかもドコモ、au、ソフトバンクは2年契約を武器に、その超高性能スマホをばら撒きまくっていた。そのおかげで、日本では他国よりもはるかに安い値段で高性能な端末が手に入るのが実情だ。

近頃の総務省の携帯業界への介入によって、手抜きの格安スマホの普及が見込まれているが、それはすなわち、衰退に他ならない。1位を目指さないと2位にすらはなれないのだ。


■キャリア製スマホ

というわけで今回は最近話題の格安スマホではなく、日本のメーカーが予算度外視で開発した超高性能スマホに焦点をあてて紹介したい。実際格安スマホなんて買うくらいなら、キャリアから発売された端末を同じ価格で買ったほうがはるかにお得なのだ。


スポンサードリンク



■そもそも格安SIMとは

格安SIMとは大手キャリアの回線を使った別会社(MVNO)が提供する独自のプランだ。多数あるMVNOは大まかに2種類あり、auの回線を使ったものと、docomoの回線を使ったものだ。プランは異なるものの回線はauとdocomoなので、それぞれのキャリアから発売された端末であれば特に手を加えることなくそのまま使うことができる。

逆に、ドコモの端末をauのMVNOで使いたい場合は、ドコモ端末にかかっているドコモのSIMロックを解除するSIMフリー化が必要だ。もちろんauの端末をドコモの回線で使いたい場合も同じだ。


■白ロム・赤ロム

キャリアが販売している端末には、端末ごとにキャリアの回線を使って通信の可否が設定されている。これをネットワーク利用制限という。通信できるものを白ロムといい、通信が制限されている端末を赤ロムという。9割以上は通信できる白ロムだが、端末の代金が支払われていないものは赤ロムとして登録され、ドコモから発売された端末だったとしてもドコモの回線で通信できない。赤ロムとなるのは、分割で購入したが、途中で支払いが滞って、中古市場に流れた端末や、盗難された端末などが赤ロムになる。赤ロムはWiFiでは問題なく通信できる。また、赤ロムはキャリアごとの通信ロックになるため、ドコモの赤ロムだったとしても、その端末をSIMフリー化し、auのSIMを使うことで問題なく通信ができる。


■赤ロムの確認方法

白ロムか赤ロムを確認するには、各キャリアのショップに端末を持参するか、各キャリアが提供しているウェブサイトで、端末の製造番号を入力する。結果に「×」と出れば赤ロムということになる。端末代金の支払いが終わった端末は「○」になるが、購入当初は一括で購入していたとしても「△」と表示される。一度「○」になったものが「×」になることはない。このあたりはキャリアによって若干仕様が異なるので、確認してもらいたい。


■ドコモMVNOの注意点

ドコモの端末はドコモのMVNOではテザリングができない。同じどこもなのにいったいどういうことなのかと思うだろうが、これにはドコモのいやらしさがにじみ出ている。ドコモのスマホは、ドコモとの契約でしかテザリングを許してくれない。ドコモの回線を使ったMVNOはドコモとの契約ではないため弾かれる。これはドコモの端末の仕様なので、au端末や、シムフリー端末では発生しない。

また、ドコモ端末を使う場合でもauのMVNOを使うことで回避できる。ただし、ドコモ端末にはドコモのシムロックがかかっているので、それを解除する必要がある。

特例としてiPhoneの場合はドコモのiPhoneであってもドコモのMVNOでテザリングが可能だ。


■auMVNOの注意点

auはVoLTEでシムロックをかけているため、VoLTE対応端末は、auのMVNOが使えない。MVNOがVoLTEに対応すれば済む話ではあるが、現在のところはまだ対応していない。つまり、VoLTE対応端末でauのMVNOを使うためには、シムロックを解除する必要がある。auはVolteでクソ仕様に磨きをかけた形だ。


■格安スマホが超えられないキャリアスマホの機能

正直なところ最近は格安スマホもスペックで「おっ」と思うものが出てきている感は否めないが、キャリアのスマホの最大のメリットは、日本の独自機能にある。おサイフやワンセグ、赤外線を搭載しており、特におサイフ機能は一度使うと手放せなくなるほど便利だ。早速次の記事でお勧めの白ロムランキングを紹介したい。

→格安スマホは買ってはいけない!おすすめ白ロムランキングベスト8!
LG_G_FLEX_03-640x492.jpg
関連記事

スポンサードリンク

コメント

スポンサードリンク



Twitter

amazon Bluetoothスピーカーランキング

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

おすすめ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。