トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

管理人:カエル

ガジェカエル スマホを愛し、携帯乞食を始めたしがないリーマン。乞食暦3年。ガジェット全般が好き。名前の由来は次々と新しいガジェットに変えるのと蛙をもじったもの。写真の蛙は長谷寺で500円。

カテゴリ

amazonスマホランキング

1位
2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

月300円で違約金不要の新プラン、高止まりするパケット料金、格安SIMサービスの利用率は11.5%

■auも「2年縛り」月300円で違約金不要の新プラン、6月導入。ソフトバンクに続き


基本使用料を300円高くすることで、25ヶ月目以降の更新がなくなるというプランをソフトバンクに引き続きauも発表した。ところで今の24ヶ月以内の違約金が9,500円なので、24ヶ月×300円は7,200円なので2300円しか変わらない。25ヶ月目以降に解約を検討しているならば、それは月々サポートがなくなるタイミングを見計らっている人なので、こんなプランに入らなくても25ヶ月にきっちりとMNPするだろうから、このプランは必要ない。どういう人をターゲットにしているのか全くわからない。総務省に2年縛りについて指摘されたから追加されたプランだとしか思えない。


■『また今月も通信制限...』高止まりするパケット料金の未来を探る。米国ではスマホでYouTube見放題のプランも実現

個人的な月のデータ利用料は10ギガほどで、その大半はYoutubeとHuluが占めている。Mパック以上の契約でかかる最低月額利用料は1700+300+5000の7,000円で、更に3割の人はデータ1ギガの購入1000円で月8,000円はスマホ代がかかる計算になる。俺の家で引いているADSLが2,900円だから、こういう人はスマホを格安SIMに変えて、3ギガ1,000円とガラケのカケホーダイプランで2,200円と、2,900円でADSLを引いたほうがデータ通信を気にしなくていいので精神衛生上良いんじゃないかと思う。合計しても6,100円で収まる計算になる。


■格安SIMサービスの利用率は11.5%、契約プランは、音声プランが46.7%、データプランが53.3%

去年の格安SIM利用率が1.7%だったことを思うと、今年の格安SIMの利用率は6.7倍まで増加している計算になる。音声プランで契約している人は恐らくキャリアとの契約は既にない。データプランのみで契約している人は、別途キャリアとの契約をガラケやスマホで保持しているか、使い終わったタブレットなどに格安SIMを使うことで再利用しているということだろう。一度格安SIMに乗り換えた人はキャリアの高額な契約には戻らないはずなので、この数値は更に伸び続けると思う。そうなると、いよいよキャリアも値下げを検討せざるを得なくなるだろう。とくにイオンモバイルはイオンに店舗を構えてユーザーをサポートしているということなので、格安SIMに対する敷居は、都会よりもむしろ田舎のほうが下がっているといえるのかもしれない。
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

スポンサードリンク



Twitter

amazon Bluetoothスピーカーランキング

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

おすすめ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。