トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

管理人:カエル

ガジェカエル スマホを愛し、携帯乞食を始めたしがないリーマン。乞食暦3年。ガジェット全般が好き。名前の由来は次々と新しいガジェットに変えるのと蛙をもじったもの。写真の蛙は長谷寺で500円。

カテゴリ

amazonスマホランキング

1位
2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

知らなきゃ生き残れない。MNP乞食のルール ~中級編~

あらゆるスポーツがルールの上で成り立っているように携帯乞食にも様々な暗黙のルールがある。そのルールを守らないと最悪の場合ゲームに参加させてもらえなくなる。つまり、ブラックリスト化し一発退場である。キャリアとの契約は携帯乞食の生命線なのでなんとしても避けたい。

初級編に続き中級編

知らなきゃ生き残れない。MNP乞食のルール ~初級編~
知らなきゃ生き残れない。MNP乞食のルール ~上級編~


■ソフトバンクは手ごわい

IPHONEを日本で初めに取り扱いを開始したソフトバンクはとにかく携帯乞食に厳しい条件がてんこ盛りだ。ブラックリスト入りの条件が厳しく、パケット定額も外せないため、月々の維持費を抑えることができない。その分キャッシュバックの金額も他社と比較して非常に多いが、よくよく計算してみるとまったくお得でないどころか、赤字になる場合も多い。ノリだけで販売してくる家電量販店の店員に乗せられて契約してしまうと泣きを見るキャリアだ。NOと言える日本人になりたい。

スポンサードリンク


■ワイモバイルはややこしい

ソフトバンク傘下のワイモバイルは、イーモバイル、ウィルコムが合併してできた会社なので、生い立ちや名前が非常にややこしいだけでなく、ソフトバンク傘下なので、ソフトバンクにMNPするにも他とは違う条件がつくことが多く、とにかくややこしい。安全に携帯乞食をやりたいなら、ソフトバンクとその傘下の企業には近づかないのが鉄則だ。


■街の小さな携帯屋さんは初心者に厳しい

テルルやもしもし、モバワンや、各家電量販店など、ドコモショップと違って非常にいい条件をだしているお店は、一切のサポートを受け付けない。薄利多売の販売方法なので、キャッシュバックつけて、売るだけ売って終わりである。対してショップは条件が悪い代わりにサポートが手厚い。これはサポートのための人件費があるのでしょうがないのだ。とはいえどこで契約した回線もすべてサポートしてくれるので、ショップにとってはいい迷惑である。ショップの店員さんには紳士的に接するのが乞食の嗜みである。

次回は最後の上級編をお届けする。
関連記事

スポンサードリンク

コメント

スポンサードリンク



Twitter

amazon Bluetoothスピーカーランキング

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

おすすめ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。