トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

管理人:カエル

ガジェカエル スマホを愛し、携帯乞食を始めたしがないリーマン。乞食暦3年。ガジェット全般が好き。名前の由来は次々と新しいガジェットに変えるのと蛙をもじったもの。写真の蛙は長谷寺で500円。

カテゴリ

amazonスマホランキング

1位
2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

iPad Air 2を契約してお得に月額利用料を下げる方法(1/3)

■iPad Air 2がかつてないほどお得

いま、ドコモのiPad Air 2がとにかくアツい。今回はなぜ今これだけiPad Air 2がお得なのかを事細かに説明するので、読み終わったらツイッターでキャンペーンを行っている店舗情報を調べて急いで向かってほしい。


■ドコモ利用料を安く抑えるコツ

現在のドコモの契約にはどうしても痛みが伴う。以前のように回線の1,000円維持ができなくなっているためだ。しかし複数の回線を維持しなければ携帯乞食は生きていけない。MNPを止めると携帯乞食は赤字で死んでしまうのだ。今のプランで複数台を安く維持するためには主回線のシェアパック10が必須だ。主回線で月9,500円のシェアパック10を契約し、子回線は500円のシェアオプションでシェアパック10のパケットを分け合う形だ。


スポンサードリンク

■ドコモには高額の月々サポートがある

これでは回線が増えるたびに月額使用料が高額になる。だがドコモの契約にはからくりがある。ドコモの販売する端末の特徴として、高額な月々サポートの存在がある。月々サポートとは契約してくれている人へのお礼のようなものだと考えてほしい。契約から24ヶ月間毎月の利用料金を値引いてくれるのだ。この月々サポートは場合によっては支払い総額を上回ることもある。そして上回った月々サポートは主回線の値引きにまわすことができる。


今回紹介するiPad Air 2は一切の条件がなく、だれでも契約できる。そして高額の月々サポートがつく。この月々サポートはiPad Air 2の月額利用料を0円にするだけでなく、主回線の月額利用料を引き下げることができる。早速次のページで契約例を見てもらいたい。

iPad Air 2を契約してお得に月額利用料を下げる方法(2/3)
関連記事

スポンサードリンク

コメント

スポンサードリンク



Twitter

amazon Bluetoothスピーカーランキング

1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位

おすすめ記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。